リフォームメニュー
リフォームのコツ
リフォームの流れ
よくある質問
会社案内
お問い合わせ

ホーム  >  施工ブログ(スタッフブログ)

旧ブログはこちからご覧いただけます »

月別アーカイブ

水の芸術
2018年1月26日

連日冷え込んでいますね。平成最強寒波ともいわれています。
予想最低気温がすごいことになっているので、さすがに
水道管の破裂とか、朝水がでないと困るのでひとまず対策しました。
といっても、一晩中水を流し続けただけですが。IMG_2508 (1)
しかしながら我が家の外水栓は私の予想をはるかに上回る寒さに朝方にその流れを止めてしまったようです。
またバケツへしたたり落ちる水の流れは酷寒の中、上へ上へとの逆つららを作り出し、10センチほどに成長して
まるで鍾乳洞の様な氷の芸術的を生み出していました。偶然の産物とはいえ、すばらしい~。
と、感動ばかりしてられない寒さです。朝は2日連続で給湯器が凍り付き、お湯も出ません。
川崎でここまでの寒さは記憶がありません。皆様、どうぞ水道の管理には十分にご注意くださいませ。

家電に事務機器。出費続きな2018年。
2018年1月20日

我が家での話。そういえば今年に入ってから加湿器にお目にかかってないと思ったら、昨年使っていたものは
壊れてしまったとの事。う~ん、冬の加湿器はすでに必須なアイテムとなっていますから買うしかないですね。
それは年明け早々の事。今は連日我が家をせっせと加湿してくれています。
事務所での話。仕事がスタートして数日のこと。事務所を掃除しようと思ったら掃除機がうなれど
すぐに止まってしまう。ゴミパックやホースやらいろいろみたけれど復活の兆しなし。残念。購入から3年半、
まだまだ元を取ったとも言い難いですが、これまたすぐに必要なアイテム。意見聴取の上、
マキタの充電式クリーナーの購入となりました。  ちなみにこのマキタ 我々建築関係者ならよく知る工具の
世界的メーカーですがその分野では安心かつ信頼のブランド。厳しい現場環境を想定して(想像ですが・・)
作られているはずなので、丈夫で長持ち!と信じたいです。
クリーナー購入で一安心!と思い書類の処理などしていたら長年寄り添ってきたシュレッダーに異変が!
いつもなら紙を入れた途端に快音を響かせていたのに、無言をつらぬいて一切の紙を拒絶したまま動きません。
掃除機の時と同様にいろいろ見たけれど何ら動じることなく、息を吹き返さぬ友。「シュレッダーよ。お前もか!」
と口をついたかどうかは別にして、またまた購入を決断することとなりました。
機種は現在選定中。しかし、重なるときは重なるものですね。
仕事やる気レベルを猛烈に押し上げてくれる、2018年早々です!

寒中フィッシング。
2018年1月16日

日曜日、朝の猛烈な冷え込みの中、丹沢山中の管理釣り場に行ってきました。
途中、車が示す車外の温度は-7度!AM午前8時頃、吊り場付近でも余裕の氷点下。竿に付いた
水滴がたちまち凍る事態にびっくりです。神奈川県内でも場所によりこんなにも
冷え込むんですね。糸も巻けなくて釣りになりません。
そんな冷え込みの中でもたくさんの人が来ています。まさに釣りバカ!!
今週は暖かくなるとの事。また計画しはじめているバカな私がいます。
次はどこへ~

2018年のスタートに際しまして
2018年1月9日

新年明けましておめでとうございます。
従来に増しての地域密着を掲げて、大手リフォームサイトからの撤退、新規ご集客を手探りの状態からスタートした2017年でございましたが、
お陰様で前年を上回る売り上げを確保させて頂けることが出来ました。本当にありがとうございます。
一番の大きな要因は川崎市多摩区を中心とした市内近隣のお客様からのお問い合せが相次ぐこととなったこと(それを一番願っておりました)
そしてデザインや素材、機能など、普通のリフォームに「プラスα」を皆様が積極的に取り入れることで
リフォーム単価が上昇したことなどでございます。
今はリフォームというより、リノベーションという言葉が先行しているようにも感じますが、弊社で最近多くお聞きするご希望としては、
古いところ、劣化しているところを直すリフォームはもちろん、全体の色の統一感や素材感を自分好みにアレンジしたいというご要望が
以前より格段に増えております。新築では決してできない、オリジナルの「こだわりのインテリア」実現のために、あえて中古住宅を選ばれる
そんなお客様から弊社へのお問い合せが舞い込んでくる、そんな流れのように感じる次第でございます。

インテリアを特集したサイト、本、TVでもリフォームの特集が組まれるなどお客様も情報に大変敏感で豊富です。
私どももプロのリフォーム店として、常に新商品、新たな発想、工事方法など研究が欠かせません。
お客様のご要望に対してはプロの観点から、さらに一歩踏み込んだご提案、または時としてご予算や構造から
出来ることと、できないことの選別を明確に行うなど、お客様にご信頼頂けるように日々勉強に励みたいと存じます。

今年も変わらずに、「高品質かつ適正価格」で地域の皆様に愛されるリフォーム店作りに精進してまいります。
弊社をお選び頂くこと、すなわちお客様にとって「大変有意義な選択」となりますことをお約束とさせて
頂き、2018年もがんばって営業して参ります。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
2018年1月9日 ㈱スペースマスターズ 代表 井村 純也

スペースマスターズ
スペースマスターズ私達スペースマスターズは、川崎・横浜を中心に、中古マンション・住宅の内装リフォームを行っております!写真は、時計回りに代表の井村、施工部の北島、山田、三浦、大工の松尾、事務の室之園です。
ページの先頭へ